健康法

健康な体を作る方法には、食事療法、運動療法などいろいろな方法があります。

私達が普段無意識のうちにしている呼吸もまた、 意識して行なえば呼吸法という健康法につながる事はご存知ですか?

「息を吸って吐き出す」 という単純作業のようにも思える呼吸ですが、 呼吸は私達の生命を維持するためには必要不可欠な機能。

呼吸をする事によって体内に酸素を取り込むことができるので、 循環器や消化器系の期間の調子を整える事にもつながります。

呼吸法の種類

呼吸法にはいくつかの種類があります。

・腹式呼吸

最もよく知られている呼吸法が腹式呼吸。

息を吸った時にお腹を膨らませて空気をたっぷりいれて、

息を吐くときには、お腹を引っ込めて体内の空気を搾り出すような感じで、 全てを吐き出すようなイメージで行ないます。

・胸式呼吸

お腹ではなく、胸の部分に空気をためる呼吸法。

息を吸い込んだ時にはお腹ではなく、肋骨を開いて肺に空気を溜め込むようなイメージで行います。

・片鼻呼吸

息を吸うときには左右どちらかの鼻から吸い込み、もう片方の鼻の穴から吐き出す呼吸法。

息を吸ってから吐き出す前に1秒ほど両鼻を塞いで空気を体内に閉じ込めると効果的なようです。

・密息

お腹を大きく膨らませた状態で呼吸をする方法。

息を吸う時も吐く時も、お腹を動かさないように意識し、 横隔膜を上手に動かして呼吸をするのがこの方法です。

呼吸法の効果

いろいろな呼吸法がありますが、それぞれに効果も事なります。

呼吸をする事によって体の多くの器官を意識して使う事ができるので体調を整えることができますし、 血液の循環をよくしたり、体内を流れるエネルギーの流れを改善する効果なども期待できます。

お手軽な健康法

健康の始まりは呼吸から。

呼吸法は特に体を動かすわけではないので、 いつでもどこでも実践できるお手軽な健康法としても知られていますね。

通勤電車の中でも、仕事の休憩時間中でも、いつでも気がついた時に少し実践するだけで、 気分もスッキリしますし体もスッキリ健康になる事が出来ます。

ぜひお試しください。